HSPだけどミニマリストになって生きるのが楽になった

Minimalist

こんにちは。ごりまりです。

私はちょっと前に自分がHSPだと気づきました。

ごりまり
ごりまり

皆さん『HSP』ってご存知ですか?

HSP:Highly Sensitive Personの略。
とっても敏感で繊細な人たちのこと。
気質であって病気ではない。
5人に1人の割合で存在するらしい。
HSPには大きく分けて4つの特性があると言われています。
・考え方が複雑で、深く考えてから行動する
・刺激に敏感で疲れやすい
・人の気持ちに振り回されやすく共感しやすい
・あらゆる感覚がするどい
(詳しくは調べてみてください♩最近はYouTube動画や本もたくさん出ています)
このブログの読者の方にも「あーわかるわかるー!」と思った方、いらっしゃるかもしれません。
まあHSPだからどうのっていうことはないのですが、
生きづらさのようなものを抱えがちなのかなあと思います。
ただ私はミニマリストという概念に出会って思考・生活が変わったことで、
HSPゆえの生きづらさみたいなものがちょっとなくなった気がしています。
スポンサーリンク

HSPゆえの生きづらさとは?

あくまで個人的なラインナップです。

【考えすぎてしまう】

誰かの発言とか表情とか、社会問題とか、ドラマの内容とか、もちろん自分のことも。

「あれはこういう意味だったのかな?」

「どうしてこうなったのかな?」

「こういう風にした方がいいのかな?」

ノンストップで常に考え事をしている感じです。

考え事だったり想像(妄想?)だったり。

ドラマの内容を脳内再生してその背景について1人で考え込んだりします。

考えることは止められないので疲れます。

あと気になったことは調べまくるので気づいたら休日が終わっているくらい時間が経っていることも。

 

【たくさん人がいる空間が苦手】

満員電車もそうだし、いわゆる会社みたいなオフィスみたいなところも。

刺激が多すぎるんでしょうね。

特にオフィスなんてワンフロアに何十人も人がいて、前にも後ろにも右にも左にも人がいるわけじゃないですか。

話し声とかも聞きたくなくても聞こえちゃうし(hearの状態というか)、

人の表情とか機嫌とかもいちいち気になってしまうので。

あと結構人の動きを音や空気で察してしまうタイプでして。
例)見てなくても、同じ階にいなくても、夫が今何をしているか分かってしまう

無意識に五感がフル稼働している感覚です。

そんな感じでたくさん人がいる空間は疲れるので苦手です。

 

【整理整頓されていない空間が苦手】

これは↑と似ていますが、要するに刺激が多くて疲れるのだと思います。

情報が多すぎるというか。

ものが少なくスッキリしている方がいいです。

職場で、誰かの机の上にものがたくさんあったりするとすごく気になってしまいます。

 

【1人の時間が必要】

他人といると楽しいけど疲れも出ます。

なので例えば土日休みだった場合、どちらも誰かと会うのはきつい。

毎週誰かと会うのもきついかな。

月2回くらいでいいかなと思います。
(最近は誰にも会わなすぎて月1は女友達と会うことを目標にしています)

 

【テレビつけっぱなしが苦手】

テレビって音と映像が流れるので視覚と聴覚への刺激になりますよね。

見たい番組があるならそれだけ見れば良いと思います。

でも、習慣なのか?

朝起きたらテレビ、家に帰ったらテレビ、みたいにずーっとつけっぱなしにするタイプの人いますよね!(うちの夫)

何か別のことをしているときに集中できないor集中しようとして疲れるので、

テレビつけっぱなしは苦手です。

 

【共感力が高い】

ニュース番組とかドラマとかあらゆるものに感情移入します。

悲しいニュースとかみると結構辛くなることも。

マイナスな情報を入れると自分自身のメンタルがマイナスに傾きます。

ドラマは、繰り返し同じものを見るのが好きです。(本も!)

初めてのものは真剣に見すぎて一緒に一喜一憂しすぎてしまう。

一歩引いた目線で見るために、視聴前にその作品について調べて、

なのでストーリー展開や作者の意図、視聴者の意見なんかも自分にインプットしてから見ることもあります。

※話変わりますが海外のアクション映画は一番苦手分野。予測できない展開や大きな音などに心臓がドキドキしちゃって疲れる。

 

ミニマリストになって何が変わった?

ミニマリストとHSPに相関関係がある気がずっとしていました。

もちろん、ミニマリストはHSP気質がある!とか

HSPだからミニマリストになるんだ!とかいうわけではないのですが、

HSP気質がある人はミニマリスト的な思考・生活があっているのではないかなーと思いました。

 

【物が少ない空間を作るようになった】

机の上も家の中も必要最低限が心地いい気がします。

物が少ないながらもそれが全部お気に入りになら、満足度はすごく高いはず。

物を減らしていく過程で「あ、こういう空間が自分はいいんだな」と気付けました。

ちなみに今我が家にテレビはありません。(夫に感謝!)

 

【自分に合った仕事ができるようになった】

一瞬だけ先述したいわゆる都心のオフィスビルみたいなところで働いたことがあります。

が!すぐに

ごりまり
ごりまり

や、これ無理、向いてない!

と思いました。

満員電車、ビルのエレベーター、ロッカー、トイレ、ワークスペース、どこにいても人、人、人・・

(思い返せば学生時代のバイト先も、アットホームなこじんまりした店舗の方が好きでした)

でも生活をミニマルにしていけばかかるコストも減らせる。

我慢しながら、合わない(けどお給料高い)仕事を続ける意味ってなんだろう?と思いました。

どうせなら心地いい空間で、好きな人たちと、楽しく働く方がいい。

 

【常識を疑えるようになった】

これは大きいですね。

ミニマリストと言っても考え方や価値観は人それぞれ。

いろいろな人のライフスタイルブログを読みながら、

「え、これ家にないの?」

「なるほどー!これで代用できるのか」

「今まで気づかなかったけどこの人みたいにした方が楽そう」

と多くの発見をさせていただいています。

当たり前にみんなが持っているから自分も買う。

それだけが正解じゃないと気づき、

常識を疑えるようになりました。

自分自身の考えを持っていて良いんだ!と思えることで、

変に考えすぎることは減ったかなあと思います。

 

まとめ

今回は私が普段感じていることをつらつらと書き連ねてみました。

生きづらさを抱えている人の参考に少しでもなれば嬉しいです。

HSPさんは、ミニマリスト志向になるとちょっと生きやすくなるかもです^^

どうか自分自身の感覚を大切に。

 

タイトルとURLをコピーしました